ごあいさつ

院長紹介

ご挨拶

院長 前畠 裕司(まえはた ゆうじ)

当院は、父の前畠裕幸が昭和62年12月に開院し、以後は地域の皆様の診療や健康管理に幅広く携わり、かかりつけ医としての役割を長年担ってきました。

私は、一般内科で研修した後に、九州大学病院、済生会八幡総合病院、松山赤十字病院の消化器内科に勤務して、数多くの胃腸疾患の診療や研究に携わって参りました。2017年4月からは生まれ育った鹿児島へ帰り、前畠医院で診療しています。

これからも地域の皆様にとって信頼できるかかりつけ医として、内科的な病気の治療や予防、健康相談を行って参ります。また、今までの経験をかして、胃腸の病気について専門的な診療を行い、質の高い内視鏡検査を心がけていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

院長 前畠 裕司(まえはた ゆうじ)

経歴

1994年ラ・サール高等学校卒業
2001年九州大学医学部卒業
2001年~2003年研修医
2003年~2005年松山赤十字病院・消化器内科(医員)
2005年~2007年済生会八幡総合病院・内科(医員)
2007年~2008年九州大学病院・消化管内科(医員)
2008年~2012年九州大学大学院
2012年~2015年九州大学病院・消化管内科(助教)
2015年~2017年九州大学病院・光学医療診療部(助教)
2017年4月~医療法人 前畠医院

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本内科学会(認定内科医)
  • 日本消化器病学会(消化器病専門医・学術評議員・九州支部評議員)
  • 日本消化器内視鏡学会(消化器内視鏡専門医・九州支部評議員)
  • 日本ヘリコバクター学会(ピロリ菌感染症認定医・代議員)

資格・所属学会

主な論文

  • ヘリコバクター・ピロリ除菌後に発生する胃癌
  • 家族性大腸腺腫症の長期経過
  • 非ステロイド性抗炎症薬による小腸粘膜傷害
  • クローン病における手術の危険性

受賞歴

  • 平成27年度 日本消化器内視鏡学会 学会賞
  • 第42回村上記念「胃と腸」賞

鹿児島県での役割

  • 鹿児島消化器内視鏡研究会世話人
  • 鹿児島県医師会認定かかりつけ医
  • 鹿児島市CKD予防ネットワーク登録医

スタッフ紹介

会長 ご挨拶

会長 前畠 裕幸(まえはた ひろゆき)

1987年12月、この郡山町に無床診療所を開設しました。当時、郡山町は鹿児島市内ではなく日置郡であり、医師会も日置郡に属していました。何故この地を選んで開設したのかと尋ねられることも多いのですが、はっきりとした回答は今でも分かりません。この辺りを通っている間に何となく決めてしまったのかもしれません。

特別な知り合いもなく、特別な蟠りもなく、初めての場所での開業、本当に色々ありましたが、深い親しみと深い信頼の中での30余年であったと思います。
このような環境を作ってくれたこの地の方々の中での開業、私の心情も半端なものであってはならない事と、最近特に感じています。

今後もどうぞよろしくお願いします。

会長 前畠 裕幸(まえはた ひろゆき)

師長 ご挨拶

師長 田上 礼子(たのうえ れいこ)

私共 前畠医院スタッフは、診察、検査にお見えになる方々に、安心、安全を念頭に置きつつ、スムーズに診療が行える態勢を整え、お一人お一人に細かいこころ配りが出来る職員でありたいと思っております。
少しでも皆様の健康維持のお役に立てるよう頑張ってまいりますのでよろしくお願い致します。

師長 田上 礼子(たのうえ れいこ)

スタッフ紹介